女性

病院と提携していない葬儀業者から優良なところを選ぶ方法とは?

仏式の葬式

花

基本的な進行

葬儀のスタイルが多様化していると言われていますが、今でも仏式葬儀が大半を占めます。仏式葬儀の基本的な進行を知っておきましょう。葬儀は着席から始まります。着席も適当ではいけません。故人の家族が先に着席するようにしましょう。次いで葬儀委員長、世話役と続き、最後に一般会葬者が着席していきます。そして、僧侶が入堂し、司会者が開式の辞を述べます。ここから本格的に葬儀がスタートするわけです。読経が始まり、故人に引導を渡すわけですが、葬儀の中で最も重要な部分です。引導を渡す作法は宗派によって異なり、読経の時間も違います。だいたいですが、30分から40分くらいです。そして、弔辞の拝受や弔電を紹介し、その後に焼香が始まります。焼香は遺族が最初と思われがちですが、僧侶が焼香をしてからです。喪主から席次の順に焼香していきます。焼香が終わると、司会者が葬儀の終わりを告げます。その後、告別式が営まれますが、かつては葬儀後に僧侶が一旦退席し、改めて入場して行うのが常識でした。しかし、退席せず、葬儀に引き続いて行われるのが普通になっています。一般会葬者が焼香をするのは告別式が始まってからです。遺族は一般会葬者の方を向き、焼香を済ませた一般会葬者に黙礼するようにしましょう。また、告別式では喪主があいさつをします。簡単に会葬のお礼を述べるようにしましょう。ただ、このあいさつを省き、出棺の際のあいさつだけのこともあります。